スロー広告プロジェクト

スローな食と笑いと文化のミュージアムになります♪


スローコメディ広告社は、

11月から、

下北沢のスロコメに良質なモノを作る企業や地方やお店の

商品や活動を効果的に展示&PRするミュージアム/ギャラリー/
  イベントスペース機能を備えます。


企業や地方は、美味しいものを作っているところ。
もちろんライブやイベントは、いままで通り。


缶詰博士が監修のおいしい&井ニークな缶詰ツマミが楽しめる缶カフェも、
いままで通り。


つまりは、
「スローな食と笑いと文化のミュージアム」缶が高まるというわけですね。


缶詰がたくさんありますし(笑)


お隣は、おいしいカレー屋さんですし。


ふらりとプチ観光気分で遊びに来れる場所になるわけです。



http://slowcomedyfactory.oyucafe.net/access



【展示&PRの流れ】


①商品やサービスをギャラリーのように展示する。

②展示期間中、ユーザーやマス&ソーシャルメディア関係者の集う
 パーティー&イベントを開催する。

③イベントの様子をust中継するなど、
 ソーシャルメディアを使った情報発信をフットワーク軽く行う。

④商品やサービスの内容を歌や演劇、演芸など、
 エンターテインメントと掛け合わせ、その様子をネット上で発信する。 


④の例としては、以下のようなものが。
クリックしてみてください。

マルハニチロさんの魚肉ソーセージとマジックのコラボ・ライブ♪(←クリック♪)

(舞台は、経堂さばのゆです。)


そして、こんな書籍のPRも。

料理研究家・瀬尾幸子さんの著書「せおつまみ」(集英社)の
中味の演劇的朗読。


“>


リニューアルしたスロコメ。


約42平方メートルのうち
イベントスペースは27平方メートル。
両サイドの4.5メートル強の展示面には、
「商品ディスプレイ用の棚(可動式)」
「写真・パネル展示用のピクチャーレール」
「ロールスクリーン」が備えられており、
あらゆる展示に対応しております。
その他、
PCによるプレゼンや映画上映も可能な液晶プロジェクター(+スクリーン)。
ネットとの接続も可能な44インチの大画面テレビ

プロの音楽ライブにも使用可能なAVシステム。
マイク/ミキサー/アンプ/スピーカーなども完備しており
トークセッションなどにもご利用いただけます。


180センチメートルの可動式テーブルは、
展示だけでなく各種ワークショップにも威力を発揮。
座席数は、最大40名。
落語の高座も組むことができます。


無線LANは、もちろん完備。
プロ仕様のデジタル・カメラによるust中継、
さらには、
Twitterなどソーシャルメディアを使った
アクティブな情報の拡散のお手伝いもいたします。



展示とパーティーの例では、以下のような夜が。


10月19日には、宝酒造さんをクライアントに、

香ばしい本格麦焼酎「知心剣」

http://shirashinken.jp/index.htm

と、焼酎「純」のハイボール「純ハイ」無料・飲み放題の

異業種交流会を行いました。


本棚ならぬ缶棚に並ぶ缶詰と

麦焼酎「知心剣」のマリアージュも楽しみながら、

30名の人たちが集まり、盛り上がりました。

  興味のある方なら出入り自由なフリー飲み会。


Twitter にもイベントの様子がつぶやかれ、

RTが繰り返され、

ゆるやかに酔うほどに楽しい様子が、

「知心剣」の味わいとともにネット上に伝えられました。



笑いの絶えない、こんな夜。



このようなユニークな空間から行う
  情報と文化の発信に興味のある方は、

こちらへメールしてみてください。

slowcomedy@gmail.com


11月からユニークなイベント/展示をいろいろ行いますよ。



【スロー告知】「盲導犬クィールの一生」の石黒謙吾さんの(有)ブルーオレンジスタジアムと「本のネット動画CM」の共同事業「スローなブック広告社」をスタートします。


2010年4月23日、スローコメディ広告社は、

80万部のベストセラーになり映画化もされた「盲導犬クィールの一生」(文藝春秋)や、

数多くの分類本を出し「分類王」の異名を持ち、

著述以外にも編集/プロデュースで、150冊を超える本を世に贈った

石黒謙吾さんの会社、ブルーオレンジスタジアム社と組んで、


・石黒謙吾さん → http://ja.wikipedia.org/wiki/石黒謙吾

・有限会社ブルーオレンジスタジアム → http://www.blueorange.co.jp/

新刊本を中心とした「本のネット動画CM」制作・配信の共同事業をスタートさせました。

主体となるクリエーティブ・ユニット名は、「スローなブック広告社」です。

動画広告の内容は、

本の装丁デザインや文章やビジュアルをモンタージュして

映画の予告編風に仕上げるもの。

尺は60秒程度で、改修カットでにネットの通販サイトへの誘導を行います。

ナレーションは、名手と評判の高いタレントの松尾貴史さん。

石黒謙吾さんの監修で、

時にはコメディのスパイスを効果的に活用しながら、

わかりやすく本の内容を見る人の心にじわっと訴えるCMに仕上げ、

認知度や販売数のアップに貢献することを目的としています。


例えば、こんなCMたち。


書籍「犬がいたから」(集英社)

http://www.youtube.com/watch?v=u-ceZ0zmQLw

書籍「ダジャレヌーボー」(扶桑社)

http://www.youtube.com/watch?v=WYguWP_ZIxk

書籍「エアー新書」(学研)

http://www.youtube.com/watch?v=Zxh0SDgcqB8


1本あたりの予算は、8万円〜とリーズナブルな価格に抑え、

利用のしやすさをモットーにしております。

低予算での制作を可能にするのは、

10本以上を基本とする「まとめ録り」と徹底したネットによる制作進行。

お問い合わせは、こちらに。→ slowcomedy@gmail.com


第一回の収録は、5月後半に予定。

その後、ゆるやかな量産体制に入ります。


サンプルCMは、5月の初旬にアップ予定です。


株式会社スローコメディ広告社 担当:須田


雑誌「酒とつまみ」を広告&イベントでゆるく応援しています♪


ゆるく楽しくがモットーのスローコメディ広告社。

「タモリ倶楽部」にゆるい笑いを振るまいたこの雑誌と相性が悪いはずありません。

イエス!「酒とつまみ」♪ こんな雑誌です♪



http://www.saketsuma.com/

手軽に世界を人類を(おおげさ?)幸せにする

さきいか相撲など、いろんな提案を世に問い続ける酒とつまみ。

http://kyodogohan.exblog.jp/12233918/

スローコメディ広告社は、「酒とつまみ」とほどよくコラボして、

世の中をオモシロクしようと企んでいます。

ゆるしくお願いいたします。

キャスタリア株式会社と広告/コンテンツ/各種プロジェクトでコラボします♪


おもしろいことをネットと実空間でしたい!スローコメディ広告社に

ものすごくいい感じのパートナー企業が現れました。

ソーシャルラーニングがテーマのキャスタリア株式会社。

http://www.castalia.co.jp/

スマートフォン、アップル社製品、電気自動車などの最先端情報と歩調を合わせて進む

クール&エキサイティングなキャスタリアさん。

そろそろ幾つかの共同事業と

スローコメディ広告社によるキャスタリアのゆるCMを発表できそうです。

かなり楽しいことになると思いますので、ゆるしくお願いいたします♪


小田急線「経堂」エリアをゆるく盛り上げていきます♪

スローコメディ広告社が特に応援したいのは、

ユニークな個人店が集まるユニークな多様性のある街。

弊社代表の須田泰成がしつこく続けてきた経堂系ドットコムは、

「心のあたたかい個人店を舞台にまったり広がる

新しい出会い、 新しい交友、新しいコミュニティ」がテーマ。

経堂系ドットコムというサイトを中心に盛り上がっています。

http://www.kyodo-kei.com/

経堂界隈には、人と人のふれあいのある小さないいお店がいっぱい。

スローコメディ広告社は、経堂のお店のユーモア広告やネットCM(動画)などを

ゆるく作り続けていきます。

例えば、こんな昭和の銭湯風広告。

駅前の寿司の名店・経堂 美登利寿司。

(チェーンの美登利寿司とは違います)











世田谷のグルメタウンと呼ばれ人とご飯がおいしい経堂。

こちら弊社制作・経堂グルメ日記。

http://kyodogohan.exblog.jp/

こちらも弊社制作・経堂ゆる呑みガイド。

http://www.kyodo-kei.com/asazake_kyodo.pdf

最近、埼玉や千葉からもたくさん人が遊びにきてくれる経堂。

ゆるしくお願いいたします♪


港区でいちばん小さな出版社ビーナイスさんを広告する。


いまスローコメディ広告社が応援&コラボしている出版社さんは、

港区でいちばん小さな出版社ビーナイスさん。

丁寧にいろいろな物語を作っている会社です。

小説から切り絵アニメなど、いろいろ。詳しくは、ホームページをご覧ください。

http://www.benice.co.jp/


ビーナイスさんの原作の中でじわっとくる爆笑エッセイとして注目を集めているのが、

脚本家・千葉美鈴さん(青い目・金髪好き)が29歳の女心を時に切なく

時にコミカルに綴った実話エッセイ「不滅の千葉ちゃん29歳!」

この作品をエンタメ・ライブ化するために

スローコメディ広告社がプロデュースのお手伝いをしたのが劇団「アルカナ」。

劇団「猫のホテル」の岩本靖輝さんの朗読劇がスタートしています。

詳しくは、こちら。

http://alcana.benice.co.jp/blog/

ビーナイスさんと劇団アルカナは、この先じわっと盛り上がっていきますよ。

ゆるしくお願いいたします。


家族の”いま”を写真集にする栗栖誠紀さんをゆるく宣伝します。


舞台=家。

役者=家族。

演出=栗栖誠紀。


そんなユニークなコンセプトで家族写真集を撮影ー制作するサービスを始めた

経堂在住の写真家、栗栖誠紀さん。


栗栖さんの活動をスローコメディ広告社は、

ゆるい宣伝とイベントによって楽しく盛り上げるプロジェクトを始めます。

このページは、段階毎に改訂しますので、ときどき覗いてくださいね。

栗栖さんのホームページは、こちら。

http://www.kurisuphoto.com/woks_kojin.html



さばのゆラジオ(さばラジ)はじまります♪

いろんな人が集まる経堂さばのゆ。

ほぼ毎日深夜0時頃、富士山の前からこっそり公開録音風にオンエアする さばのゆラジオ♪

略して さばラジ♪

経堂の話題を中心に、たまたま店にいた人もまじえて、ゆるいトークで進行する、

ローカルな情報バラエティー番組です。

オンエア情報は、Twitterアカウント @yasunarisuda(←クリック!) にてリアルタイムで。

本サイトにもアーカイブいたします。

経堂エリアのいろんな告知もいたしますので、参加したい方もお気軽にお問い合わせくださいませ。

もちろん飲みながらガヤガヤ笑ってくださる観客の方々も大歓迎。

店内で「さば」川柳もしくは放送の模様を呟いてくださった方には、

もれなくワイン一杯サービスしております。

これまで制作した広告作品(画像をクリックすると再生されます。)

イベント

お店

企業

ソーシャル/コミュニティ

まなぶ

直営スペース

スローコメディ広告社の強みは、イベントやパーティーを開催したり、コントの収録を行ったりできる直営の店舗スペースを運営していることです。
下記の4店には、毎日ユニークな人たちがたくさん集まって、コミュニティ感あふれるネットワークを熟成させています。
イベントやパーティーのご相談はリーズナブルに応じています。
ご興味のある方は、ふらりと遊びにきてみてください。

スローコメディ広告社のネットワーク。

スローコメディ広告社は、いろんなオモシロイ人たちとコラボレーションをしながら仕事を進めていきます。

ひと

会社や団体

お店