スローなコメディにしてくれ
Photo N.Kurisu

2017.10.19

クラウド最前線のITエンジニア向けという おそろしくマニアックなラムカレーが登場。 その名も「喰らうどラムダカレー」(笑)

by 須田 泰成

お知らせ

作ったのは、サーバー屋のサバ缶のあの会社!

「喰らうど(クラウド)ラムダカレー!」を作ったのは、
東京のIT企業スカイアーチネットワークスだった。

もとは、サーバー管理業務からスタートした会社で、
サーバー管理業務を呼ぶ業界用語が「サバ缶」であることから、
2015年に宮城県にある木の屋石巻水産とのコラボで、
サーバー屋のサバ缶」というサバ缶を世に贈った。

「サーバー屋のサバ缶」は、
新鮮なサバを使ってグルメがうなる缶詰をつくる
木の屋石巻水産の製造ということもあり、
イベントなどで手にしたIT業界関係者の胃袋をギュッとつかんだ。

また「サーバー管理」=「サバ缶」というダジャレから、
本物の「サバ缶」をつくってしまうセンスと行動力に
感銘を受けたIT業界人も多く、
「サーバー屋のサバ缶」は、やがて、
ウイルスバスターのトレンドマイクロ、
NTTコミュニケーションズ、
それぞれのコーポレートカラーを反映した「サバ缶」へと発展するに至った。

そんなスカイアーチネットワークスの担当者に、
「喰らうどラムダカレー!」について取材することにした。

スカイアーチネットワークスの本社は、
東京・虎ノ門の瀟洒なオフィスビルの中にあった。

マーケティング担当の有沢幸夏さん(上の写真。左から二人目)が出迎えてくれた。

以下は、筆者とのやりとりでる。

筆者「喰らうどラムダカレーを作ろうと思ったきっかけは?」

有沢「ITエンジニアの方は、なぜかカレー好きが多いんです。
   カレーを食べると頭の回転がよくなると思っている人もいて」

筆者「ずっと同じ姿勢で座っているから、スパイスで血行が活発になると、
   肩こりとかにも良さそうですね」

有沢「そうなんです。
   それで弊社のクラウド対応が本格化してきた昨年、
   ラムダ関数というのが、クラウドを動かすのに
   とても重要な役割を果たしていることを知りまして、
   毎日のようにラムダ、ラムダという言葉を見ているうちに、
   ラムが食べたくなりまして」

筆者「なるほど。ラムダ関数のラムからラムカレーを食べたくなったと?』

有沢「はい。無性にラムが食べたくなりまして。
   以前からラムを食べに通っていた世田谷区経堂の有名カレー店、
   ガラムマサラさんに食べに行ったんです」

筆者「ガラムマサラというお店に?」

有沢「はい。ガラムマサラさんは、インド料理店ですが、
   カレー以外にお酒のツマミのような料理も多く、
   ダンドリーで焼いたラムチョップや、
   ラムとパクチーの料理など、ラム尽くしが楽しくて」

筆者「ガラムマサラという店名にもラムが入ってますね?」

有沢「そう、そうなんです!
   それで、〆にいただいたラムカレーが美味しくて、
   これをITエンジニアの皆さんに食べて欲しいと思ったんです」

筆者「ITエンジニアにはカレー好きが多いですよね」

有沢「はい!このラムカレーを食べたら、
   ラムダ関数との相性も良くなって、
   いいコードがガンガン書けるのではと」

筆者「それで缶詰を?

有沢「はい。缶詰だと、いつでも好きな時に食べられますから。
   ガラムマラサさんと木の屋石巻水産さんに相談して、
   ラムダカレーを作っていただくことにしました」

ラムダという言葉から連想したラムカレー缶。

須田 泰成

須田 泰成

「スローなコメディにしてくれ」
 編集長+プロデューサー+ライター。
always look on the bright side of human life♩な
「もの+こと+ひと」を取り上げながら、
地域や企業のリアル・ムーブメントも熟成発酵させている。

世田谷区経堂と全国の地域の生産者と文化をつなぐ
経堂系ドットコムを2000年から運営。
イベント酒場さばのゆをハブに全国のつながりを醸す日々。
東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産
の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、
さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。
工場再建のきっかけとなった実話をまとめた
復興ノンフィクション
『蘇るサバ缶〜震災と希望と人情商店街〜』(廣済堂出版)が
2018年3月に出版された。
その他、経堂こども文化食堂など、ソーシャルな活動も多い。

本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。
著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、など。
脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など多数。

『シャキーン!』(NHK)『すっぴん!』(NHKラジオ第一)
などの番組立ち上げもいろいろ。

テレビ、ラジオ、WEB、脚本、構成、
執筆、制作、講演などの仕事多数。
お仕事も承っております。
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda
お問い合わせはこちら

TOPへ戻る