スローなコメディにしてくれ
Photo N.Kurisu

2017.8.29

話題の「くらべる」シリーズ新刊『くらべる値段』(東京書籍)が出た!

by 須田 泰成

お知らせ文化による地域や産業の活性化

炭と花火は、少しお金を足すのが吉

次は、
「もう少しお金を出して、いいものを買いたいと思ったもの」

その1は「炭」です。

ホームセンターなどで売られているもっとも安い炭は、
マングローブを原料とした外国産です。
これらはしっかりと時間をかけて炭化させたものではないので、
煙が出て嫌な臭いがする。
バーベキューが臭いと思っている人は、
この安すぎる炭を使っていることが大きな原因です。
少しお金を足して、良質の国産品を買えば、
嫌な匂いがすることもありません。
僕は、この国産の炭の良さを知って家で七輪を始めました。

その2は「花火」です。

安い花火と高い花火の大きな違いは、火薬の量なんです。
同じ「ススキ」というポピュラーな手持ち花火でも、
たくさん火薬が入ったものは、
長持ちするだけでなく、色の変化も楽しめてとても面白い。
今、ほとんどの人が、
たくさんの花火が入った「セットもの」を買っていますが、あそこに封入されている花火は、安くて火薬も少ない。
専門店でちょっと高いものを買うと、
「今までの花火って何だったの?」と驚くと思います。

もちろん、
「安くても素晴らしいもの」も目からウロコでした。

「万年筆」について調べていて、
印象的だったのはパイロット万年筆の「カクノ」。

万年筆のペン先には「金」が広く使われていますが、
どうしても高価になり、ユーザーが減少傾向にありました。
そこで、同社が初心者向けの「エントリーモデル」として、
千円の価格にこだわって作った「カクノ」は、
ペン先をステンレスにするなどして、
この価格を実現したんです。
千円ですけど、素晴らしい書き心地で、
いつか高い万年筆も買ってみたいなと思わせる、
まさに「エントリーモデル」たり得る名品だと思いました。

須田 泰成

須田 泰成

「スローなコメディにしてくれ」
 編集長+プロデューサー+ライター。
always look on the bright side of human life♩な
「もの+こと+ひと」を取り上げながら、
地域や企業のリアル・ムーブメントも熟成発酵させている。

世田谷区経堂と全国の地域の生産者と文化をつなぐ
経堂系ドットコムを2000年から運営。
イベント酒場さばのゆをハブに全国のつながりを醸す日々。
東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産
の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、
さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。
工場再建のきっかけとなるなど、ソーシャルな活動も多い。

本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。
著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、など。
脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など多数。

『シャキーン!』(NHK)『すっぴん!』(NHKラジオ第一)
などの番組立ち上げもいろいろ。

テレビ、ラジオ、WEB、脚本、構成、
執筆、制作、講演などの仕事多数。
お仕事も承っております。
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda
お問い合わせはこちら

TOPへ戻る