スローなコメディにしてくれ
Photo N.Kurisu

2017.5.25

震災から6年。石巻・木の屋の「いきなりサバ太郎!」を使う飲食店が増えている。

by 須田 泰成

被災地域のイノベーション

経堂・魚ケンの「いきなりサバ太郎 温玉くきわさびごはん」がヤバイほど美味

経堂駅から農大通りを下り、徒歩3分ほど。
ココカラファイン路地右折、
豊富な魚料理が人気の居酒屋「魚ケン」さん。

味よし、人よし、雰囲気よし。
風にたなびく暖簾が粋な魚ケンさんの情報は、こちらをクリック!

こちらのサバ太郎を使った丼が、
ヤバすぎる美味という情報が編集部に入ったのでした。

前置きはナシにして、
いきなり写真をドーンと載せてしまいます。

間違いのないビジュアル!

見るからにウマそうな逸品の名前は、

「いきなりサバ太郎
温玉くきわさびごはん」と言います。

温玉の黄身をお箸で割ってみました(笑)

そしてひとくち口にかきこむと、

シャキシャキ歯ごたえオモシロく、
鯖節の旨味がジュワッと湧出するサバ太郎が、
白ごはんとトロ~り温玉を口の中で一体になるだけでウマい!のに、

ピリリと上品な辛さの
和のスパイス「くきわさび」が、いい仕事をしてる!

それにしても味が力強い。
ご飯がこんなにおいしかったっけ?と、
脳の味覚中枢(あるのかどうか知れませんが笑)が、
思わず叫びはじめる、その理由(わけ)は、

なんと!
魚ケンさん自慢の
その日のオイシイ魚煮付けのコラーゲンたっぷりの煮汁が
とろり満遍なくかかっているのでした。

魚ケンさんの
「いきなりサバ太郎 温玉くきわさびごはん」

文句ナシ!いきなりウマい!

サバ太郎を使った自宅ごはんの参考にもなりますね。

震災から6年が経ちますが、
石巻の「いきなりサバ太郎!」を使う飲食店が増えています。

とても興味深いこの現象、
「スローなコメディにしてくれ」で追いかけることにしました。

全国のサバ太郎メニューのある飲食店をめぐる旅がはじまります。

(関連リンク)

経堂・魚ケン
いきなりサバ太郎!公式サイト

須田 泰成

須田 泰成

「スローなコメディにしてくれ」
 編集長+プロデューサー+ライター。
always look on the bright side of human life♩な
「もの+こと+ひと」を取り上げながら、
地域や企業のリアル・ムーブメントも熟成発酵させている。

世田谷区経堂と全国の地域の生産者と文化をつなぐ
経堂系ドットコムを2000年から運営。
イベント酒場さばのゆをハブに全国のつながりを醸す日々。
東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産
の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、
さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。
工場再建のきっかけとなった実話をまとめた
復興ノンフィクション
『蘇るサバ缶〜震災と希望と人情商店街〜』(廣済堂出版)が
2018年3月に出版された。
その他、経堂こども文化食堂など、ソーシャルな活動も多い。

本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。
著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、など。
脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など多数。

『シャキーン!』(NHK)『すっぴん!』(NHKラジオ第一)
などの番組立ち上げもいろいろ。

テレビ、ラジオ、WEB、脚本、構成、
執筆、制作、講演などの仕事多数。
お仕事も承っております。
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda
お問い合わせはこちら

TOPへ戻る