スローなコメディにしてくれ
Photo N.Kurisu

2018.11.9

お店とは起承転結が数年〜数十年のリアルな劇場。

by 須田 泰成

〈つながる〉酒場

小田急線・経堂駅の北口3分ほどのところに
「さばのゆ」というイベント酒場を経営している。
組み立て式のカウンターがあり、
落語の高座やトークイベントステージ、演劇やアコースティックにも対応。
5メートルを超える立ち飲みのカウンターにもなり、
私もゆるく接客するのだが、いつも、いろんな人が来て、おもしろい。


   ↑
昨日はこんな感じ、ほぼワンコインの安酒場。

先日のさばのゆドラマは、ふらりと入ってきた30代の男性。
じわじわカウンターに馴染み、
実は、宮崎でシェアハウスとゲストハウスを経営しているとわかった。

シェアハウスの催しとしてバーベキューを取り入れたいという話もはじめた。
すると、隣に日本一バーベキューに詳しい方がいたのに驚いていた。

さらに、「実は、昔、経堂に住んでいた女性にさばのゆのことススメられたんです」とのこと。
聞いてみると、その女性とは、結婚して名字が変わっていたが、
14、5年前に近所の太田尻家という店のカウンターで一緒になった
宮崎出身のデザイナーさんらしかった。

実は、一度彼女には「将来、飲食店をしたいので、バイトでお店に入ってみたい」と相談され、
当時人手が足りなかった、うどんの「花坊」さんを紹介したことがあった。

いまは宮崎に戻り、嫁ぎ先は、料理屋とのこと。夢が叶ったのかと想像した。

映画や芝居は、2時間ほどで結末に至るドラマ(フィクション)だが、
店や街のドラマは、10年や20年かけて夥しい数のエピソードが錯綜し、
進展したり、消えたり、復活したり、発酵したり、時には、忘れた頃にやってくる。

そのリアル。

写真は、その頃の太田尻家さんの料理写真。


寒い日には「蟹と浅利の雑炊」だった。
寒くても寒くなくても見事な「シメサバ」。
どちらもワンコインの思いで。

須田 泰成

須田 泰成

「スローなコメディにしてくれ」
 編集長+プロデューサー+ライター。
always look on the bright side of human life♩な
「もの+こと+ひと」を取り上げながら、
地域や企業のリアル・ムーブメントも熟成発酵させている。

世田谷区経堂と全国の地域の生産者と文化をつなぐ
経堂系ドットコムを2000年から運営。
イベント酒場さばのゆをハブに全国のつながりを醸す日々。
東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産
の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、
さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。
工場再建のきっかけとなった実話をまとめた
復興ノンフィクション
『蘇るサバ缶〜震災と希望と人情商店街〜』(廣済堂出版)が
2018年3月に出版された。
その他、経堂こども文化食堂など、ソーシャルな活動も多い。

本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。
著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、など。
脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK),
『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など多数。

『シャキーン!』(NHK)『すっぴん!』(NHKラジオ第一)
などの番組立ち上げもいろいろ。

テレビ、ラジオ、WEB、脚本、構成、
執筆、制作、講演などの仕事多数。
お仕事も承っております。
Twitter:@yasunarisuda
facebook:https://www.facebook.com/yasunarisuda
お問い合わせはこちら

TOPへ戻る